リスティング広告のこれからの活用方法

リスティング広告のこれからの活用方法
検索広告の検索窓

■ 検索広告は、プル型の超優秀な広告

日常的にスマホを使用する様になり、ググるという行為が当たり前になり、検索型の広告が、今やマーケティングにおいて、非常に重要な存在となっています。

これまでの広告では、若い女性向け化粧品なら、若い女性が多く集まる、時間や場所に広告を出す。という事が当たり前でした。いわゆる企業主体のプッシュ型の広告です。

そこに、検索広告が現れ、広告行動は大きく変わりました。顧客のニーズに対して、情報を出すといわば後出しじゃんけんができるようになったのです。

顧客のニーズを見てから、広告を出すことが出来るようになった。例えるなら相手が自分の事が好きと分かってから告白出来るようになった感じでしょうか。使わない理由がないですね。

■ 市場は激化し高級広告になりつつある


検索広告は、企業がどんどん活用し利用者も伸びるにつれ、今や検索広告すら、簡単な広告では、なくなってしまいました。

検索広告は入札型の広告です。オークションをイメージしてもらえると分かりやすいと思いますが、欲しい人が多く、入札額をあげる人がででくると途端の高級な広告へと変わっていき、効率の悪い広告となり得るのです。

とはいえ、まだまだ活用しがいは、ありますし、他媒体と比較して効率性が高いことは間違いないです。

■ アップデートのキャッチアップの重要性

検索広告の世界でも、日々競争は激化し入札の単価が高まり、CPC(クリック単価)が高騰し、結果CPA(獲得コスト)も吊り上がっております。予算潤沢な企業が戦いやすい土俵に変わってきたということが言えます。

そんな、市場で戦っていくためにも、GoogleやYahooの検索エンジンほ日々アップデートがされる情報をキャッチアップする事が重要です。

今や検索広告は、非常に優秀な学習が可能になってきています。適切なアカウント構造を組んで広告を配信する事で、半自動的に広告運用が可能なのです。

一部CPAの高い商材ではAIの学習が進まず、シンプルに、手動で入札単価を合わせる方が効果時な場合もありますが、多くのコンシューマー向けの商品で有れば、機械学習をさせる方法が最適です。


広告運用は、1年触っていないと、ルールが変わってしまう世界です。代理店やパートナー発注する際は、そういった、アップデートできてるかということもしっかりと確認しておくことをお勧めいたします。


今回は、リスティング広告の現状について俯瞰的にお伝えいたしました。

皆様のビジネスが顧客にとってもっと魅力的な存在になるように、本サイトでは、戦略的なマーケティング手法や考え方を紹介していきます。

運用型広告カテゴリの最新記事